コンフォートゾーンから外れることと心理的安全性を高めることは融合する

去年の流行語対象は『コンフォートゾーン』だった

もちろん、個人的な話で、世代的に通じる人ならみうらじゅんのマイブームってやつだが、そうだった。言葉自体は前から知っていたが、急速に意識するようになったのは去年だった。

 

コンフォートゾーンとは「居心地のいい場所」と訳されるが、使われ方としてはコンフォートゾーンから抜け出せというものが多い。未知の分野に飛び込め!慣れ親しんだ環境をリセットすることが飛躍的な成長の秘訣だ!みたいな。どうもこれに違和感があって、非連続の成長って言葉の響きはかっこいいけど、これまで培ったスキルや人間関係や地位を投げ捨てて1から出直すって、実際やると惨めなものじゃないかという感想がある。(自分は何度かそういうキャリアチェンジを行なっている)

 

心理的安全性がチームの生産力を高める

これは少し昔の話になるが、目から鱗の話だった。去年も盛んに取り上げられていて何度も目にしたが、初出は3年前のようだ。

 

gendai.ismedia.jp

 

要約すると、チームの生産性にもっとも寄与していたのは、行動規範でも特定のスター人材の存在でもなければ、メンバーの性格や趣味や価値観の一致でもなかった。「こんなことを言ったらチームメイトから馬鹿にされないだろうか」、あるいは「リーダーから叱られないだろうか」といった不安をチームのメンバーから払拭する、心理的安全性が高い状態にあるかということだった。

 

この心理的安全性が、居心地のいい場所、つまり「コンフォートゾーン」を形成し、メンバー一人一人が自己の能力を自発的に発揮し高い満足度でチームの目標達成に一体となったチームワークを生み出すという。

 

ああ、やっぱりそうなんだなという感想になった。コンフォートゾーンを飛び出すというのは、成果主義型の業績管理制度と親和性高い考え方だが、ストレスフルな環境を生み出し同僚がライバルの状態を作り出しても上手くいかないよな、と。

2018年4月7日

全くの偶然だろうが、この日にコンフォートゾーンをテーマにした二つの記事とスライドが連続で出て、その一つ一つに大きなインパクトを受けた。

 

hb.matsumoto-r.jp

 

一つ目はこちらで、プログラミングのスキル向上に対する飽くなき向上心に圧倒されたが、特に「全能感」に対する向き合い方に深い感銘を受けた。全能感はプログラミングしていると比較的に容易に得られるものだが、コンフォートゾーンから外れた状態において、如何に自身と向き合い対処するかの姿勢を学ぶことは少なかった。おそらく自分がコンフォートゾーンから外れるということに対して忌避感を抱くのは、この内面のプロセスを持たずに成果だけにフォーカスして、じゃじゃ馬を乗りこなすかのように無理やり抑えつけようとしていたからだろうなと思った。

 

 

www.slideshare.net

 

もう一つはこちらで、実際に公開されたのは次の日だったかもしれない。もしかしたら、google社内で研修プログラム化されてる部分も多いのかもしれないが、自チームの経験話だし個人考えも多分に含まれてるだろうなと思う。

 

ワナビー(こうなりたい)を掲げることを推奨していて、如何にも意識高い系の話と受け取る人もいるかもしれない。しかし、内面プロセスを詳細化していて、ステップバイステップで上がっていく方法論に落とし込まれているので、インターネットでミーム的に使われるワナビーとはものが違う。特にチームの心理的安全性を高めることとコンフォートゾーンを外れることの両者が上手く融合している。

 

両者とも、外側から無理やり抑えつけ乗りこなそうとするのではなく、内面プロセスを詳細化して取り組みやすい粒度に落とし込んでいる。これまで、心理的安全性を高めることと、コンフォートゾーンから抜け出すことを、二項対立のように考えていた節があったが、連続した流れで捉えることができた。そうなると、コンフォートゾーンから抜け出すということへの恐怖感が和らぐというものだ。コンフォートゾーンから脱却することの重要性は十二分にわかっているので。

 

ラーニングゾーン

なお、コンフォートゾーンから抜け出すことについては、フレームワーク化されていた。これは今日記事を書いていて知ったことだが、ラーニングゾーンというのがちょうど良いらしい。これはkinu氏のスライドの目標設定プロセスで、ゴール像から考えるトップダウンでありつつ、「自分の今できること+ゴール達成のために必要であるがこれから成長しないといけないこと」の掛け合わせで考えることと同じ考え方だろう。自分の今できることを上手く内包していればラーニングゾーンとなり、自分の今できることを全く無視したゴール設定で飛び出してしまうとパニックゾーンになるということだ。

 

コンフォートゾーン/ラーニングゾーン/パニックゾーンの説明については、この記事が参考になった。

 

コンフォートゾーンとは、そこから抜け出して成長する方法とは? | GLOBIS 知見録

 

海の向こうの動向についてstartupからsmall businessへのチェンジに注目している

海の向こうの動向は、自分にとってはstartup(エグジット至上主義)からsmall business(中小企業)へのギアチェンジが関心どころだ。



ここ20年ほど様々な点から賞賛されてきたシリコンバレーイズムが手のひら返しになっていることに驚く。


ラリーペイジやポールグレアムリーンスタートアップらの価値観や考え方は大好きだが、startupにターゲットされたラウンド制の資本政策やグロース手法は踊らされてる感というか違和感を持っていた。


シリコンバレーイズムに共感しているのは、手持ちが無いところからでも創意工夫や知恵次第で素晴らしい進歩を作り出せ、結果として莫大なリターンでも報われるというところである。


Googleのどこに共感するかは人それぞれ違うだろう。私が感嘆するところは、ハイパーリンクの仕組みに着目しランクアルゴリズムを編み出した過程やその後もwebの進歩を進め続けている過程において、深い洞察や気づきを示し続けていることだ。一方で巨額のエグジットを成し遂げたことや、莫大な資金を駆使して世界中を手中に収めることにフォーカスしてる人たちもたくさんいるだろう。startup関連の文化でこの"結果"だけにフォーカスしてエグジットを目的化した手法が個人的にダメだ。


「結果にコミット」


キャッチーでエネルギッシュで誰も容易に非難できない素晴らしい態度だが、どうにもこいつとの相性が良くない。結果のために誰かが敷いたレールの上を脇目も振らずに走り続けることがものすごいストレスな性分である。


私の場合はこれになるだろうか。


「創意*1にコミット」


目標に向かって自分の知恵や能力を最大限に発揮できてると感じられる環境が何よりも大事であり、学習や洞察により学びや気づきを得ることに興奮を覚えるからだ。


なので必ずしも海の向こうの殿様がおっしゃるsmall businessへのチェンジに否定ではない。自分たちなりの成果を大事に、エグジットや株価だけを目的とした内外のステークフォルダーに振り回されずに、地に足つけてやっていこうというのがsmall businessになるなら合うかもしれない。一方で、イノベーションに向けて知恵や創意工夫を振り絞ることよりも、身の回りの人と和気藹々とやっていこうといったあたりが強くなり、"結果として"視座が低くなり進歩への熱量が停滞する方向に振れるなら合わない。まだ判断材料は少なすぎる。


しかし、このチェンジに考えることはstartupかsmall businessかの二者択一ではない。


外部環境に対しつくづく感じることは、世の中には複数の並立した正解というものが同時に存在しているということである。結局startupもsmall businessもどちらも正解といえば正解なのだ。


トレンドを捉えることはとても大事だが、トレンドはこのようにさらっと右から左に180度変化しうる。なので、トレンドにアンテナはる一方で軸を持っていちいちこういった外部環境の変化に振り回されないこともとても大事だ。自分なりのスタイルを持ち是々非々で合うものを選択し合わないものを捨てていこうという結論で海の向こうの動向に対してはソーッと観察している。



*1:創意それまでの考え方・しきたりなどにとらわれず、物事を新しい見方でつくり出す、心の働き。

HololensはVRの延長として語るよりもインターフェースの革新として語る方が適切だ

Hololensの開発者版が日本でも発売されて、あちこちでHololensの記事を目にするようになった。

 

相変わらずVRの延長として語る向きが多いが、HololensをVRの延長でMRだとか位置付けるのは矮小化した話である。*1 なぜなら、Hololensがカバーしている利用用途の領域は、VRだけでなくPCやスマホで行われていることも含まれているからだ。

 

Hololensがおぼろげに示しているのは、次世代「インターフェース」の姿だ。

 

次世代インターフェースの姿とは、ジェスチャーや音声が入力インターフェースとなり、コンピューターからの出力が現実世界に溶け込んだ姿である。

 

 そうなると限られた専門用途を除けば、PCスマホも要らなくなっていくわけだ。

Hololensはアナログとデジタルをシームレスに統合する。

 

壁にかけた紙のカレンダーに予定を記入していたことが、PCやスマホのカレンダーアプリに入力するようになったが、Hololensならまた壁にかけたカレンダーに”入力”してもよいしスマホのように必要な時に開くこともできる。

紙の本や雑誌で読んでいたことが、電子書籍に置き換わりつつあるが、Hololensなら紙と電子書籍を並べて本棚に置いておくことも可能になっていく。

スマホで表示したマップと目の前の建物や交差点の標識を交互に見ながら目的地を目指していたことが、目の前の道路にナビを表示して目的地に行くことができる。

 

アプリやサービスは、初めはスクリーン世代(PCスマホ)の置き換え版になるんだろけど、バックエンドのAIやクラウドと合わさり、スクリーン世代から非連続なジャンプが起こるのが確実だと思っている。

 

Hololensを理解するための参考図書は、VRを対象にしたものよりも、「インターネットの次に来るもの(ケヴィン・ケリー)」のようなもっと広範にサービス革新を論じているようなものの方が適切だ。

 

〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則

〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則

 

 

HololensやIoTインターフェース機器側から、AIやマイクロサービスやサーバレスの掛け合わせとなるクラウドバックエンド側から、未来のサービスを現在進行形で少しづつ形に示しつつある、と。

 

まあ、Hololensのような機器がスマホを置き換えるのはまだまだ先の話であるが*2PCを置き換えはじめるのは意外と早いかもしれない(東京オリンピックは過ぎるだろうけど)。

 

もちろん現在のHololensは上記のようなことを実現するには、まだ非力だ。

 

何せまだ初代。数世代はアップデートしないと一般層には届かないし、他の新規参入が本命になるかもしれない。

VRでは、Oculusが最初のペンギンになったが、開発者用機器から一般向け発売まで3世代かかったように、2017年時点ではViveやPS VRの方が本命扱いになっているように。

 

あくまで最初のペンギンがHololensであるということだ。*3

人が使うインターフェース機器という点では、(ここまでHololensを持ち上げておきながら)なにげにAppleの製品に期待している。

*1:Microsoft自身がMRという言葉でマーケティングしているが、”モノ”にフォーカスしたメーカー視点が強く、”しくじっているマーケティング”だと思う。”モノ”にフォーカスすると確かにVRと連続する技術になる。開発環境も同じものが使える。しかし、消費者向けには”コト”から考えVRを想起しない別概念を打ち出したらいいと思う。ビルゲイツのDNAとも呼びたくなる一般ユーザー視点の欠如だ

*2:一部の役割代替ならAmazon Echoの方が早そうだ。日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々 | 湯川鶴章のテクノロジーフィクション | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

*3:「Hololensは数千台売れた。それに満足している」、Hololens販売リーダーが発言 | VR Inside

ソニーとズートピアとオバマから理想を言葉で語る大切さを実感した話

ソニーが騒がしい。かつての立役者だった人たちが次々と現役経営陣を痛烈に批判している。

 

business.nikkeibp.co.jp

 

時期が重なっているからだろうけど、一連のソニー記事を、ズートピアオバマ広島演説とつなげて考えてしまう。

 

ズートピアの感想で語られることの一つに、臆面なく理想を言葉に(映像に)して雄弁に語れるアメリカを体現した映画だ、というものがある。

 

オバマ広島演説は、まるでディズニーが事前に内容を知っていたかのように、ズートピアとリンクしている。描かれる理想像は、核廃絶や世界の警察という制度・仕組みの話から、誰もが命、自由、幸福の希求できる世界の実現という生き様に帰結していく。


www.lifehacker.jp

 

ズートピアオバマ演説がメッセージしていることは、アメリカの「世界の警察」という理想像だが、何を理想とするかは違えど、ソニーを批判しているOBの人たちが嘆いていることは、現在のソニーなりの理想像=ビジョンが見えないことのようだ。

 

「自由豁達ニシテ愉快ナル理想工場ノ建設」 

 

コレが、昔のソニーにはあって、今は無くなったとおっしゃる。

 

ソニーは、司馬史観でいうところの、三河農民ではなく、尾張商人の気質だったようだ。(注:司馬史観は科学ではなく文学=フィクションです)

 

司馬遼太郎『覇王の家』

 

投機的で創意工夫に尊んでいた過去。

 

ニンテンドーもじきに同じような騒ぎが起こりそうな気がしてならない…。

 

企業というものは、成長が義務づけられ、成長により規模が拡大し社員が増えると、重視する価値観や求められる人材像は起業時とは変質してきて、どうしてもマネジメントは変容する。

 

大きくなった船団を維持し、乗組員たちの日常の便益を保証することが船長の役目に変容してくる。

 

外圧でも無い限り、実っている土壌をあえて否定し、0からチャレンジするような創意工夫や投機性は忌避される。

 

ソニーは再び投機的なチャレンジができる自由闊達な工場に戻れるのか?

もしくは、大船団になった現在のソニーの姿に合わせた新しい理想像を、アメリカのように、豊かな言葉でビジョナリーに語れるようになるのか?

 

私はソニーを再建するよりも、ソニー魂を参考にしたスタートアップが取って代わる方が健全だと思う。